2013.03.24 イキガツヅケバ 稽古その1

稽古初日は桜が満開な公園内の稽古場でした。

何だか嬉しくて楽しくてワクワクしてました。

そして時間になり、皆さんゾロゾロと集合。

・・・が

主宰が来ない、、、。とりあえず台本を読んでもらう事に・・・。

読んでます。
読んでます。

そして一時間・・・。

イライラしだす なるさん。ヤバイ空気・・・。

そして、ぴろこさんが電話をかける・・・。

出ない。

額賀さんがかけ、 繋がった!

でも無言。

外のガヤガヤした音しかしない。

なるさんがかけ直し、また繋がった。

何かサイレンみたいな音がすると・・・。

ちょっと探しに行こうと・・・。

みんな稽古場を飛び出し、

おろおろしながら出て行くぴろこさん・・・。

まぁーーー、これ、ぴろこ姫へのサプライズ、み〜んな仕掛人。

当日、いきなりの主宰からメールで無茶な指令・・・。流石、役者の皆様、素晴らしい演技。
全てを知っている人間からしてみれば笑いを堪えるのが大変で、一人になった瞬間、床に転がりながら爆笑!!

そして留守番しているとパラパラとみんな戻ってき、ぴろこさんに電話。

ぴろこさん、戻ってくると重たい空気の、なるさんとゴンさん。

「額賀さんが救急車で付き添って行った・・・。」

っと告げられ放心状態のぴろこさん。

そこに鼻炎のワタクシが軽く鼻をすする。

無言の時間が続き、立ち尽く すぴろこさん。

携帯からYUIの“Happy Birthday to you you”が流れ・・・。

額賀さん&主宰の登場。

崩れ落ちるぴろこ姫でした。

まんまとぴろこ姫は、はめられたわけですが、つくづく役者って凄い&恐いって思いました。

そして一番、楽しませて頂きました。

ぴろこさんHappy Birthday!!

こんな感じで稽古スタートしました。

あ、でもちゃんとその後読み合わせしました。

読み合わせをしてみて、

絶対これ、面白い芝居になるっ!!

っとメンバーは思った事でしょう。


顔からにじみ出てましたから。

少なくともそう思った人間が一人ここにいますがね。

-utano-




This entry was posted in utanoレポート, 近頃の7millions. Bookmark the permalink.